交通事故で加害者になってしまった場合、どうする?

 

 

交通事犯の加害者には様々な責任が発生します。まず民事上の責任として、不法行為に基づく損害賠償責任が発生します。被害者の治療費、入院費、逸失利益、慰謝料等を支払わなければなりません。立証責任は被害者側にありますが、近年は裁判の相場が定まってきており、被害者側が全面敗訴するのは考えられない状況になっています。ただし被害者と示談が成立すればこの責任を免れることができ、示談成立の有無は刑事上の責任にも影響するので、早期に弁護士に相談して適切な対応をする必要があります。次に刑事上の責任として、自動車運転過失致死傷罪や危険運転致死傷罪に問われる可能性があります。

 

もっとも起訴されるか否か、求刑がどうなるかは検察官の裁量に委ねられるため、弁護活動によっては刑を軽くすることができます。悪質な交通事犯でなければ略式起訴により罰金で済む可能性もあります。この場合、被害者と示談が成立しているか否かが大きな考慮要素となるため、弁護士を選任して誠実に対応していく必要があります。最後に行政上の責任として、免許停止処分や取消処分がなされます。当然のことながら一定期間又は免許の再取得がなされるまで自動車を運転することはできなくなります。