逸失利益とは何?

逸失利益と言う言葉はあまり耳にする事の無い言葉ですが、自動車等の事故の被害者になった時に本来事故に遭っていなければ仕事等で見込める収入、治療の為に払う必要の無いお金等本来収入として見込まれるはずの収入の事を言います。
計算方法は色々有りますが、被害者の人も生活の保障や治療費の必要も有りますのでまずは概算で事故前の時点の年間収入額に労働能力喪失期間をかけ、概算の治療費を加え被害者に支払う事になります。
ちなみに労働能力喪失期間とは、簡単に言うと事故により仕事が出来なかった期間の事を言いますが、その事件によりケースは様々ですのでその期間は後遺症等が残った場合は保証額も更に変わってきます。事故による後遺症が残った場合は、労働能力喪失期間は一生に渡る事もあり得ますので、そうなったら逸失利益も膨大な額に昇る事も有ります。

 
あとは年収の多い人が事故の被害者になった場合も、逸失利益が大きくなる為に加害者の支払う保証額もかなり大きな額になります。事故は無いのが1番良い事ですが、万が一事故に遭った場合はその後の生活が1番心配されますので、確定させる意味でも医師の診断書は出来るだけ早く書いてもらう必要が有ります。