後遺症による損害の内容

自動車などによる傷害事故を起こすと、加害者は刑事責任に問われるほか、免許の停止などの行政処分や、被害者に対して与えた損害について賠償する民事責任が発生します。
民事責任では、治療にかかった費用や慰謝料など、事故によって受けた損害ごとに賠償する必要があります。
損害賠償の対象となるのは事故による直接的な損害だけでなく、後遺症などの事故で受けた傷害によって発生した損害も賠償の対象となります。
後遺症はその重さによって等級が決められており、その等級によって賠償額が計算されます。
最も重い等級は神経や臓器に障害が残り、介護が必要となるケースで、この場合には後遺症の治療費だけでなく介護料も計算に含まれ、賠償額は非常に高額となります。

 
また後遺症によって働けなくなったり、事故以前と同じように働くことが難しくなった場合は、本来働いていれば得られたはずの収入が逸失利益として計算され、後遺症による損害として扱われます。
さらに後遺症が残ったことによって受けた精神的・肉体的な苦痛に対する慰謝料についても、同様に後遺症による損害として扱われます。
損害賠償については、損害ごとに定められた一定の上限額までは自賠責保険によって支払われますが、それを超えた分に関しては任意保険での支払となります。