休業損害に含まれるもの

事故の場合、大抵の場合相手側は任意保険に加入しているのでその事を前提に話を進めていくと、休業損害に含まれるものは慰謝料や治療費や休業補償などがありますが、それぞれもらえる期間や資格などがありますので、きちんと理解しておく必要があります。仕事に事故が原因で行けなくなった場合は、休業補償がもらえます。もちろん仕事をしていないと申請はできませんし、場合によっては骨折では却下される場合もあります。あくまでも事故が原因で仕事に行けなくならなくてはもらえません。医者に行って診断してもらい申請するので、その後結果はわかります。これがもらえることで、給料のもらえなくなる部分を補填することが出来ます。休業損害日額を算出するには、計算方法があるのでそれにそって算出します。過去3ヵ月間の平均給与を算出して、平均出勤日数を掛ければ金額がでます。

 

この他の慰謝料も全体の補償金額がある一定額を越えると計算が変わってくるので、自分が考えているよりもらえないなんて思わないように、休業損害日額も含めて勉強しておくことはとても大切なことです。治療費は症状固定といってそれ以上変化がなくなってしまったら、打ち切られる可能性が高くなります。