損害の定義と傷害による損害の内容

自賠法で損害賠償責任を負わされる場合は、原則として自賠責保険から支払いが可能になります。例外として泥棒運転や無断運転の場合は自賠責保険で対象になりません。自賠責保険には支払基準があり、いかなる場合であれその支払基準通りしか支払ってはもらえません。どんなにごねたとしても絶対におまけをしてくることはありません。さて自賠責保険の支払い内容は積極損害と消極損害に分かれます。積極損害とは実際にお金が出て行った損害をいいます。

 

具体的に言うと、治療費、通院交通費、看護料、葬儀費、入院雑費、家屋改造費といったものがあります。これに対し消極損害とは、本来であれば懐に入るお金が入らなくなったものをいいます。具体的に言うと仕事を休むことで収入が減ることに対して賠償する休業損害、後遺障害や死亡事故により、将来得ることができたであろう収入をカバーする逸失利益があります。これ以外に精神的な損害に対する慰謝料があります。これらの項目全てについて自賠責保険では支払基準が定められています。例えば慰謝料は対象日数一日に対し4200円、休みの補償の限度額は一日あたり19000円、入院雑費は入院一日当たり1100円といった具合です。