積極損害に含まれるもの

自動車などで傷害事故が発生した場合、被害者は加害者に対して事故によって被った損害について賠償を求めることができます。
損害賠償の対象は財産的損害と精神的損害の2つに分類され、財産的損害はさらに積極的損害と消極的損害の2つに分類されます。
積極的損害とは、傷害などの事故によって受けた直接的な損害のことをいいます。
怪我の治療費や入院費用、通院のための交通費、診断書などの文書費といったものは治療関係費として扱われ、積極的損害に含まれます。
その他損害としては、事故証明書や印鑑証明の発行にかかる文書費や被害者が死亡した場合の葬儀費用なども積極的損害に含まれます。
また損害賠償請求の民事訴訟を提起する際の弁護士費用や、訴訟の手続きのための費用、和解や判決後の賠償金の支払いまでの遅延損害金なども積極的損害の一部として扱われます。

 
なお、既に発生した損害だけでなく、将来発生することが見込まれる損害も積極的損害として扱われます。
事故によって受けた怪我は治療されたものの、後遺障害が残ってしまった場合などがこれに該当し、その場合は後遺症そのものだけでなく、その介護にかかる費用や、住居の改修費用なども積極的損害として扱われることになります。